人間万事塞翁が馬   HOME

 

 ある塞(さい)(城塞(じょうさい))のほとりに、老人とその息子が暮らしていた。

ある日、彼ら親子の馬が突然逃げ出してしまったため、

周囲の人々は馬を失った親子を気の毒がったが、

当の老人は「不幸かどうかは果たして分からんよ。

もしかしたらいいことがあるかもしれない」と、平然としていた。


 まもなく、逃げ出した馬は立派な名馬を連れて戻ってきた。

不幸が転じて幸運となったために周囲の人々は親子の幸福を感心したが、

老人はやはり平然として逆にこう言った。

「もしかしたらこれが災(わざわ)いのもとになるかも知れない。」


 まもなく、息子がこの馬から落ち、脚(あし)が不自由となってしまい周囲は同情した。

しかし老人はそれを見て「これが幸福を呼ぶことになる」といい、一向に動じなかった。


 その直後、戦争がおきて、町の若者がほとんど戦死したが、

足を折っていた老人の息子は、戦争に行かず命拾いをした。

という話が語源になっております。


 つまり、人生というのは何がいいことか、悪いことか最後までわからない。

幸福や不幸は予想のしようがないということです。

 不幸な出来事が起きても、実はそれは不幸な事ではなく、

逆にラッキーの種なのかもしれないのです。


幸せは不幸という帽子をかぶってやってくる、とも言います。

 逆にラッキーなことがあっても手放しで喜んでいないで次に起こるかもしれない

アンラッキーに備(そな)えなさい
という教訓(きょうくん)の諺(ことわざ)でもあります。


inserted by FC2 system